先日屋根材型太陽光発電システム「はたらく屋根 エコテクノルーフ」の応援団長でもある能代の西方設計 西方さんにお誘いいただき、ドイツ在住のジャーナリスト村上さんの話を聞きました。

先日屋根材型太陽光発電システム「はたらく屋根 エコテクノルーフ」の応援団長でもある能代の西方設計 西方さんにお誘いいただき、ドイツ在住のジャーナリスト村上さんの話を聞きました。 ドイツは、日本と比べると再生可能エネルギーの比率が40%と高く、2022年までに原発廃止、その後石炭発電も廃止の予定です。 今回のひとつのテーマであった地域の中で、エネルギーやお金を循環させるという話は以前もいろいろな場面で聞きましたが、日本における地域再生の参考になると思いました。